アレルギーについて

  • 【アレルギー性鼻炎が起こるしくみ】
    アレルギー性鼻炎は、一般的に、ハウスダスト、花粉類、カビ類、動物の毛・フケなどが原因(アレルゲン)となり、体にとって異物となるこれらのアレルゲンに対して、過敏症状を起こすものです。
    (1) アレルゲンが体内に入ると、まずは異物を何でも食べる細胞「マクロファージ」が食べ、その情報を「リンパ球」に伝えます。
    リンパ球は異物と認識して、次に入ってきたらすぐに攻撃できるよう、目印となる「抗体」を作ります。抗体は血液や粘膜内にある「肥満細胞」にくっつきます。
    (2) 再びアレルゲンが体内に入ると、抗体のくっついた肥満細胞の表面で、アレルゲンと抗体は鍵と鍵穴のように結合します(抗原抗体反応)。
    (3) これが引き金となって、炎症を引き起こす化学伝達物質(ヒスタミン、ロイコトリエンなど)が肥満細胞から放出されます。ヒスタミンは知覚神経を刺激してくしゃみや鼻水を、ロイコトリエンは鼻粘膜の血管を刺激して鼻づまりを起こします。

    【症状】
    くしゃみ
    くしゃみは、鼻の中の異物を外へ出すための体の反応です。立て続けに出るくしゃみに、鼻水や鼻づまりを伴い、熱やだるさがなければ、アレルギー性鼻炎と考えてよいでしょう。
    鼻水
    アレルギー性鼻炎が原因の鼻水は、水のようにさらさらした、水様性の鼻水がほとんどです。粘り気や色のついた鼻水の場合は、ほかの原因も考えてみましょう。
    鼻づまり
    鼻づまりとは、鼻の粘膜が腫れて空気の通り道を狭めている状態です。口を閉じるか、つまっていないほうの鼻を押さえると息がしにくくなります。かぜでもないのに鼻がつまる場合は、アレルギー性鼻炎を疑いましょう。
    その他の症状
    アレルギー性鼻炎になると、目、のど、皮膚などでも炎症の症状がみられることがあります。目に症状が出た場合は、涙が出てきてかゆみを感じたり、白目とまぶたが赤くなって腫れてきます。
    初期療法の重要性
    花粉飛散が始まってすぐに対処を開始することで、メリットは次のようなものです。
    花粉シーズン中の症状が軽くなる
    花粉が飛び始めても、症状が出始める時期が遅くなる
    花粉飛散の最盛期でも、内服薬の服用や点鼻薬などの併用薬の使用回数を減らすことができる
    初期治療に効果があると考えられているくすりは主に「抗アレルギー薬」と呼ばれる成分になります。
    毎年花粉症に悩まされる方は、本格的に症状が始まる前に治療を開始することをお勧めします。